関東版

施設探しの事ならご相談ください。
0120-546-913

年中無休受付時間 9:00〜19:00

【一覧でわかる】老人ホームの種類と特徴〜入居対象や費用も解説〜

一口に老人ホームや介護施設と言っても、実はたくさんの種類や施設があります。入居者ご本人に合った老人ホームを選ぶためには、まずは老人ホームの種類と特徴を理解することが大切です。この記事では、老人ホーム・介護施設の種類ごとに、特徴や費用相場・入居対象などを解説します。

この記事の監修

とぐち まさき

渡口 将生

介護福祉士として10年以上現場経験があり、現在は介護老人保険施設の相談員として従事。介護資格取得スクールの講師やWEBライターとしても活動中。家族の声を元にした介護ブログを通じ、2019年3月、NHKの介護番組に出演経験もある。

老人ホームの種類について

老人ホーム選びのスタートは施設の種類を理解すること

老人ホームには、様々な種類があります。施設によって、提供するサービスや費用相場・入居対象が異なるため、入居者に合った施設を選ぶためには、それぞれの施設の種類・特徴を理解することが大切です。

介護施設は公的施設と民間施設の大きく2つに分かれ、その中でも公的施設は5種類、民間施設は6種類に分かれます。施設によって、提供するサービスや費用相場が変わります。

公的施設の種類

国や地方自治体などが運営する施設

公的施設は、国や地方自治体などが運営する高齢者向け施設のことです。以下の施設が該当します。

  1. . 特別養護老人ホーム
  2. . 養護老人ホーム
  3. . 介護老人保健施設
  4. . 介護医療院
  5. . 軽費老人ホーム(ケアハウス)

公的施設は、民間施設に比べて費用が安く、介護度が高い方や、所得が低い方を優先的に受け入れる傾向があります。費用が安いというメリットはありますが、人気が高く入居待ちが長いというデメリットがあります。また、民間施設に比べるとイベントやレクリエーションの機

民間施設の種類

民間企業が運営する施設

民間施設は、民間企業が運営する高齢者向け施設のことです。以下の施設が該当します。

  1. . 介護付き有料老人ホーム
  2. . 住宅型有料老人ホーム
  3. . 健康型有料老人ホーム
  4. . サービス付き高齢者向け住宅
  5. . グループホーム
  6. . シニア向け分譲マンション

民間施設は、公的施設に比べてサービスが充実しているところが多く、費用も特色も施設ごとに様々です。そのため、入居者ご本人やご家族のニーズに合わせて入居先を選びやすいというメリットがあります。サービスが充実している分、費用が高くなる傾向があるというデメリットもあります。また、施設を選ぶ際は、運営会社に介護事業における実績があり、十分に信頼できるかどうかを確認する事が大切です。

種類別老人ホームの特徴

「特別養護老人ホーム」は、自治体や社会福祉法人が運営する公的施設です。介護サービスをメインに提供し、要介護度3以上の方が入居の対象になります。公的施設なので入居にあたって入居一時金はかからず、月額費用も民間の有料老人ホームに比べると安いのが特徴です。費用が安い分、入居待ちの方も多く人気となっています。そのため、入居までに半年〜数年かかる場合があるため注意が必要です。

特別養護老人ホーム

「特別養護老人ホーム」は、自治体や社会福祉法人が運営する公的施設です。介護サービスをメインに提供し、要介護度3以上の方が入居の対象になります。公的施設なので入居にあたって入居一時金はかからず、月額費用も民間の有料老人ホームに比べると安いのが特徴です。費用が安い分、入居待ちの方も多く人気となっています。そのため、入居までに半年〜数年かかる場合があるため注意が必要です。

養護老人ホーム

「養護老人ホーム」は、特別養護老人ホームと同じく公的施設です。介護者が不在、あるいは経済的な理由で自宅で生活することが難しい高齢者の生活・自立支援をメインに行っており、介護を主たる目的としていない点が特徴です。そのため、自立した生活を送れる高齢者が入居対象となります。

介護老人保健施設

「介護老人保健施設」は、老健とも呼ばれ、病院を退院した後すぐに在宅で生活できない方を対象とした施設です。リハビリや介護、必要な医療ケアなどのサービスを受けながら3〜6ヶ月ほど滞在し、在宅復帰を目指します。理学療法士や作業療法士など、リハビリの専門職が常駐していることが多いため、リハビリサービスを重視する方に適した施設です。
初期費用がかからないため、費用が安いというメリットがあります。ただし、在宅生活への復帰を目指すという位置付けのため、原則3〜6ヶ月と入所期間が定められている点に注意が必要です。

軽費老人ホーム(ケアハウス)

軽費老人ホームは、社会福祉法人や地方公共団体が運営し、他の施設に比べて安く利用できる老人ホームのことです。軽費老人ホームにはA型、B型、C型があり、C型はケアハウスと呼ばれます。自立しているが自宅での生活に不安を感じる高齢者を対象としていますが、ケアハウスの中にも介護サービスを受けられる介護型が存在します。

介護医療院

「介護医療院」は、医師・看護師が常駐していることから、医療ケアが充実しています。医療機能と生活施設としての機能を併せ持っており、看取りやターミナルケアにも対応しているのが特徴です。重篤な疾患を抱えた方を対象としたI型と、比較的容態が安定している方を対象としたII型に分かれます。ご本人に持病があったり、医療ケアが充実したところを希望する方に適した介護施設です。

関連ガイド

介護保険施設とは
介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームとは、自立から要介護の方を対象とした民間運営の老人ホームです。食事や掃除などの身の回りのことから身体介護、レクリエーションまで、生活を幅広く支援するサービスを提供しています。都道府県から特定施設入居者生活介護の指定を受けており、介護サービスの提供基準を満たしている場合のみ「介護付き」と名乗ることができます。レクリエーションに力を入れ、設備の充実や接遇マナー、手厚い医療・介護体制などを提供するなど、施設によって独自の特色を持っている場合が多いです。施設数が多く、希望に合わせた選択肢が豊富です。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、食事や洗濯などのサービスを提供する老人ホームのことです。基本的に、介護付き有料老人ホームのように、スタッフが介護サービスを提供することはありません。そのため、介護が必要になった場合は外部の介護事業所(居宅介護支援事業所)と契約をし、訪問介護による介護サービスを受けることとなります。

健康型有料老人ホーム

「健康型有料老人ホーム」とは、生活に関する基本的なことは自分でできる高齢者に対し、食事や家事などをサポートする老人ホームのことです。あくまでも「サポート」であり、身の回りのことは自立してできることが前提なので、要介護になった場合は退去となります。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」は、主に要介護度が低い高齢者を対象とした、高齢者の方が暮らしやすいバリアフリー構造の住宅です。「一般型」と「介護型」があり、介護型の場合は担当の介護士が介護サービスを提供します。なお、一般型で介護サービスを受ける場合は、外部の介護事業者と契約する必要があります。

介護施設ではなく住宅として扱われ、多くの老人ホームのように1日のスケジュールが決められていません。そのため、自由に外出・外泊ができるなど、自由度の高い生活を送ることができます。

グループホーム

「グループホーム」は、認知症を患っている方が専門の職員からサポートを受けながら共同で生活する施設のことです。要支援2以上、原則65歳以上で認知症と診断を受けている方が入居対象です。
5〜9人ほどのユニットを組んで、役割分担をしながら生活します。掃除や洗濯、料理など、できることは自分で行う生活スタイルのため、認知症の進行を緩やかにしながら安心して生活する事ができます。

関連ガイド

グループホームとは
シニア向け分譲マンション

「シニア向け分譲マンション」とは、高齢者の方が暮らしやすい設計・設備・サービスを兼ね備えた分譲マンションです。バリアフリー構造だけでなく、設備・サービスが非常に充実しているという特徴があります。家事援助などの生活支援サービスや、温泉やプール・シアタールームなど、趣味や娯楽を満喫できる設備が完備されている施設が多く、主に富裕層の方を対象にしています。

シニア向け分譲マンションは、購入することで一般のマンションと同じく所有権を持つことができます。そのため、資産として保有でき、売却や相続などを行うことができるというメリットがあります。

主な高齢者向け介護施設の費用相場

高齢者向け介護施設の費用相場について、初期費用と月額費用ごとにご紹介します。施設により費用は様々なので、見学の際などに必ず料金体系を確認してください。

なお、初期費用とは、契約時にまとめて支払うもので「入居一時金」(数年分の月額家賃の前払い分)、「敷金」などにあたります。月額費用は、居住費や食費などを合算して月々支払うものです。施設によって異なりますが、介護サービス費と生活費の2種類に分かれます。

施設の種類
初期費用
月額費用
特別養護老人ホームbr>
0円
5〜15万円
養護老人ホーム
0円
0〜14万円
介護老人保健施設
0円
8〜14万円
介護医療院
0円
7〜14万円
軽費老人ホーム(ケアハウス)
数十万円〜数百万円
10〜30万円
介護付き有料老人ホーム
0〜数億円
15〜35万円
住宅型有料老人ホーム
0〜数億円
15〜35万円
健康型有料老人ホーム
0〜数百万円
10〜40万円
サービス付き高齢者向け住宅
0〜数百万円
10〜30万円
グループホーム
0〜数百万円
10〜20万円
シニア向け分譲マンション​​
数千万円〜数億円
10〜30万円

関連ガイド

老人ホームの費用

まとめ

今回は老人ホームの種類や特徴、費用相場などについて、施設の種類ごとにご紹介しました。入居者ご本人に合った施設を選ぶためには、施設の種類と特徴を理解することが大切です。

また、老人ホーム選びには様々なポイントがあるため、入居者ご本人・ご家族が納得のいく施設を見つけるためには、早めに老人ホーム探しをスタートさせ、じっくり検討することが重要です。

理想に合った施設を選ぶためには、経験豊富なコンシェルジュに相談することもおすすめです。ぜひお気軽にお問い合わせください。

arrow-right
理想に合った施設を選ぶためには、経験豊富なコンシェルジュに相談することもおすすめです。ぜひお気軽にお問い合わせください。
入居相談員山本
施設を探す

※関連ガイドの画像に関しては、各ガイドのTOP画像を表示

カテゴリー
タグ
    記事検索

    無料電話相談はこちら

    0120-546-913

    年中無休受付時間 9:00〜19:00

    WEB相談はこちら

    24時間受付中!

    公式SNSアカウント更新中!

    老人ホーム選びや介護に役立つ 情報をお届けします!