施設探しご相談ください

0120-546-913

受付時間:9:00-19:00

海が見える老人ホーム特集

イメージ

憧れだった海の見える場所での生活

穏やかな毎日とリゾート気分で過ごす環境を

「老後は海の見えるところで穏やかに過ごしたい」
「生まれ育った海の近くで、海を見ながら過ごしたい」
「リゾート気分を味わいながら安心に過ごせる施設を探したい」
そのような想いを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

都心部の施設では、窓から見える景色が「隣のビル」というケースが多くありますが、海の見える施設では、居室や食堂、共有スペースなどから、どこまでも広がるオーシャンビューを楽しむことができます。
海の見える施設では、新鮮な海の幸を堪能できたり、まるでリゾートホテルで生活しているかのような環境を提供している施設も多くなります。

またご家族にとっても、面会でちょっとした旅行気分が味わえたりと、ご入居者、ご家族共に楽しみのある環境があります。

もちろん、高齢者の方を対象とした施設なので、医療機関との提携なども万全となっており「海の見え場所で安心安全に過ごしたい」という想いを叶えることができます。

五感で楽しむオーシャンライフ

海が見える施設探しのポイント

海を眺めて波の音を聞き、潮風を肌に感じる、イメージしただけでも「行ってみたい」と思われる方が少なくないのではないでしょうか。

海が見える場所は施設により様々ですが、居室や食堂・ダイニング、共有スペース、大浴場などが多くなっています。また、海と言っても、〇〇海、〇〇湾、〇〇海岸など、人それぞれ思い浮かべる風景は様々かと思いますので、希望する景色によって調べる場所も変わってきます。
どのような景色を希望しているのか、調べながらでもイメージしてみることをおすすめします。

また、海が見える、あるいは海が近い施設では、新鮮な海の幸を豊富に使った料理を提供する機会も多くあります。医師の指示と栄養士による栄養管理のもと、栄養バランスはもちろん、旬の食材を楽しむこともできるでしょう。

一方で、海が見える施設は沿岸沿いであることがほとんどなので、アクセス面で若干の不便さはあるかもしれません。(施設によって、送迎車の運行を行っている場合もあります。)
入居後の日常生活に必要なものは、施設の買い物代行やネット注文などで代替えできることがほとんどですが、施設周辺への買い物や外出を考えている方にとっては、施設周辺の商業施設の有無や生活環境、施設から最寄り駅までのアクセスも重要なポイントとなるでしょう。

見学時のポイント

まず、施設のどの場所から、どのように海が見えるのか確認しましょう。
全居室から海が見える施設もありますが、見え方や陽の入り方は居室の場所により異なります。また、食堂・ダイニング、あるいは共有スペースからのみ見える施設もあります。
希望する眺めか確認し、そこからであれは自分の好きなタイミングで海を見ることが出来るのか、職員への声掛けが必要なのか、確認しましょう。

また、立地上、リゾート地であることも多いため、週末や長期休暇中は観光客で込み合うこともあるでしょう。面会を考えているご家族ご友人がいらっしゃる場合は、施設最寄り駅等が込み合うことも念頭に置くと良いと思います。

施設の立地の特性上、自然災害を心配される方も多くいらっしゃいます。
有料老人ホームでは、防災マニュアルの作成、年2回の避難訓練を義務付けています。また、努力義務とはなっていますが、ほとんどの施設で3日分の非常食を最低備蓄量として準備しています。
入居後に安心して生活を続けるためにも、施設の災害に対する備えと対策も確認しましょう。



海の見える施設に関しては、WEBフォームよりお気軽にお問い合わせください。
  

施設探しの事ならご相談ください

0120-546-913

受付時間:9:00-19:00